广西十一选五玩法

中國とEUが共同聲明を採択、強いシグナルを発する

2019-04-11 12:59:42

 

9日に開かれた中國EU首脳會議で共同聲明が採択され、見送りかという一部歐米メディアの憶測を打ち消した。李克強総理、ユンケル歐州委員長、トゥスク歐州理事會常任議長が共同で署名したこの共同聲明は內容が非常に広範で、雙方の戦略レベルの共通の関心事のほか、貿易分野の多くの注目點についても言及しており、雙方の広い共通認識を反映した。「環球時報」が伝えた。

中國とEUの共同聲明発表とほぼ同時に、トランプ米大統領はEU110億ドルの商品に関稅を上乗せすると脅迫した。貿易戦爭の終了に向けた中米の協議はまだ終わっていない。中國とEUの間には多くの食い違いが殘されているが、協力の大局を堅持し、協議により紛爭を解決するという雙方の手段はより建設的だ。現在の世界に対する積極的かつ前向きな見本だ。

歐州メディアは最近、EU?中國関係を悲観しているが、雙方が手にした現実的な進展は雙方の関係をより力強く描寫している。習近平國家主席は先ほど歐州訪問で大きな成功を手にし、雙方の関係を前向きに前進させる基調をさらに確かなものにした。今回の中國EU首脳會議で共同聲明が採択されたことは、雙方が具體的な問題をめぐり進展を実現できる能力を示した。

共同聲明には差別なき市場參入、知的財産権の保護、5G技術の協力といった雙方が注目する問題が含まれた。中國とEUの対抗を煽る聲には無理があり、説得力が欠けていることが証明された。

いずれも貿易摩擦でありながら、米國とEUは互いに関稅を上乗せする対抗を選択したが、中國とEUは協議と対話を終始中心的な地位に據えている。これは経済的な意義の差だけではなく、國際政治の意義の差でもある。

米國とEUは同盟関係であり、「親戚」と描寫されることが多い。しかし不平等な親戚関係がもたらす悩みは、調和的に協力する友人間の問題よりも大きい。一國主義と呼ばれるものが、國際関係の中で際立った問題になっている。

中國とEUは世界の2大経済勢力であるが、雙方の発言権を集めても十分に大きくはない。これはよく考えるべきことだ。中國とEUの共同の利益は西側メディアから過小評価されている。西側メディアは一つの全體として、米國の國益に過度にリードされている。歐州の利益はなおざりにされている。

互いに確固不動の姿勢で協力を拡大することは、中國とEUにとって唯一の選択肢だ。また協力の強化については中國とEUの間で協議し模索するべきであり、第3國の影響を受けるべきではない。この原則の確立は、中國とEUの利益にとって重要な意義を持つ。

より明確に言えば、中國とEUは米國という重力場を適切に処理しなければならない。中國とEUが共に米國に対応する必要は當然ながらなく、実行も不可能だ。しかし中國とEUのどちらかは、米國との関係を利用し相手側に圧力をかけようと夢見るべきではない。そうなれば中國とEUの雙方にとって害となる。

中國とEUには重大な利益の衝突がない。雙方は互恵で公平な協力の拡大を続ける意向、それから協議により紛爭を解決する実際の能力を持つ。雙方の関係に対するこのような基礎的な認識は確固不動のものであるべきだ。雙方は相互関係を整理し、価値観や伝統的な地政學的思考が雙方の関係にもたらすさまざまな障害を取り除く必要がある。

中國EU首脳會議で共同聲明が採択されるかは、そもそも大きなことではない。これまでの會議では採択される場合もされない場合もあったが、中國?EU関係が発展を続ける流れは一貫しているからだ。しかし今回は採択されないと噂されていたにも関わらず最終的に全面的な共同聲明が採択され、この特殊な時期に非常に強いシグナルを発することになった。

世界が現在どのようであるにせよ、また中國とEUの間にどれほど多くの現実的な問題と困惑があるにせよ、雙方の関係は引き続き、より力強く前進する。これは多くの人が受け取った強いシグナルだろう。

「中國網日本語版(チャイナネット)」2019410

関連文章
日中辭典:

广西十一选五玩法