广西十一选五玩法

Special report アジア文明対話大會 文化交流で心を一つに

2019-06-06 09:44:34

 

アジア文明対話大會が5月15日に北京で開幕した。「アジア文明の交流?相互參考と運命共同體」をテーマとしたこの大會は、開幕式、分科會、アジア文化フェスティバル、アジア文明週間といった四つの部分からなり、110以上のイベントが行われた。アジアの47カ國およびアジア以外の約50カ國から、2000人余りの代表者が參加した。

Report 仲代達矢氏が北京で交流會 生涯テーマは「戦爭と平和」

日本の著名な俳優、仲代達矢氏(86)がこのほど、中國戯劇家(劇作家)協會の招きで、日中文化交流協會代表団に同行して、北京、上海を訪問し、一連の蕓術交流イベントに參加した。3月21日午後には、北京中國電影(映畫)資料館で代表作『切腹』が上映された。その後、同氏は中國戯劇家協會主席の濮存昕氏、映畫監督の陸川氏、本誌の王衆一総編集長と共に、會場の観衆を交えて、「俳優人生――仲代達矢との対話」と銘打った交流會に臨んだ。

Report 百年の名聲留める梅蘭芳 ~日本を席巻した1919年初公演~

京劇は中國文化の精華として、今では多くの海外公演が行われ、世界中にファンがいる。その海外公演の先駆けとなったのは、不世出の京劇役者として知られる梅

蘭芳(1894~1961年)による1919年5月の日本公演だ。當時、梅蘭芳はまだ25歳だったが、その深い蕓術性と絢爛{けん?らん}とした東洋の美は日本の観衆に大きな感動を呼び、京劇の一大ブームを巻き起こした。また、五四運動という歴史の激流と重なり、中日両國民の感情が日増しに冷え込む中、この公演はつかの間の溫もりをもたらした。

関連文章
广西十一选五玩法