广西十一选五玩法
夢の原點

   添田天駿

   「友達から、おまえは日本人だよ…と言われたよ、お母さん、どうして?」

これは、私が母と兄と中國の武漢に住んで、幼稚園に通っていた時の出來事。

困惑している私の顔を見て、母は、こう言った、「あなたは、生まれた國が日本だから…」

中國人の母は、自分の祖國の文化を覚えてもらうために、幼い私と兄を中國へ連れ、普通の中國人と同じように、中國の幼稚園を通わせ、周りの子供達と馴染ませるために、私に日本人であることを一度も口にしなかった。

小學校の終り頃日本に戻った私は、一見ほかの日本人の子供たちと同じく、學校生活を始まり、仲間を作り、勉強や部活に勵んでいた。しかし、自分の中では、周囲の仲間との違いを少し感じた。何故なら、心の底には、いつももう一つの祖國―中國の面影があったからだ。

日本で家族と靜かにお正月を過ごす時、何故か、いつも中國の舊正月に仲間たちと一斉に花火や爆竹で賑わうことを思い出す。真冬の中、胸は熱くなる…あの頃、周りの仲間と同じく、極當たり前のことのように思っていたのに、いまになって、何故か、あの頃より、中國の節分、伝統と深い人情を切に思うようになり、戀しくなってきた。

20113月、日本で死傷者數萬人となる東日本大震災があった。私は、様々な募金活動にふれる時、何故か、いつも中國の四川大地震のことを思い出す。あの頃、私は七歳、ちょっと中國の小學校を通っていたので、震災後、學校の募金活動にすぐ參加し、クラスメイト達と一緒に、真っ赤な「四川大地震救災」の旗を挙げて、武漢市の中心部にある、最も賑わう商店街で、募金箱を持って走り回った。

「良い子、良い子、よく頑張っているね」

買い物で賑わう大勢の人から、ひとりのおばあちゃんがやってきて、小さな両手で抱っこしている私の募金箱に、數枚の百元札を入れながら、微笑んで私の頭を撫でてくれた。そのおばあちゃんは、私は日本人であることを當然知らなかった。私は、惜しまずにお金を差出したおばあちゃんに感謝すべきなのに、返って勵ましの褒め言葉を頂いたことに、胸がいっぱいとなり、十數億人の間、愛情を一人から一人へ伝わっていくこの雄大な中國大陸に、感動を覚えた。

母の思う以上に、母の祖國の中國は、私の歩みの原點となった。

しかし、私に影響を與えたのは母だけではない。私の成長に連れ、日本グローバル事業展開のため、世界中に飛び回って多忙の父親との交わりも自然に増えてきた。電機メーカーに務める父は、中學生になった私と兄を良く科學技術館や展示會などへ連れて行き、日本の先端技術に觸れる機會を與えてくれた。そこで、私は、製造や介護などのロボットに魅了され、ロボット開発の夢を持つようになった。

夢を語る私に、「いまの時代はグローバル時代だ、最先端の技術を學ぼうとしたら、アメリカへ行って來い!」と、父の一言に、私は昨年、日本高校の交換留學生の一人として、アメリカを訪れ、そこで一年を過ごした。

そして、交換留學先のアメリカでロボット大會に優勝した時、こんな質問がされた。

「將來の夢は、何ですか?」

「最先端のロボットをつくって、中國、日本、世界中の救済活動に使いたい」と答えるたびに、中國の原點に回帰したような気がする。あの募金箱を抱いた小さな男の子の頭を撫でてくれたおばあちゃんの微笑みは、目の前に浮かんできて、胸が熱くなる。中國大陸に覚えたその感動を、私が創ったロボットを通して、日本、そして世界へ伝えていきたい。

「あなたは、なに人ですか?」

「アジア人です」―私のいつもの答えだった。

この遠くの國から、生れた日本と、幼い心に深い人情を注いでくれた中國は、一つの故郷に見えたのだ。

 

人民中國インターネット版

 

 

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850
广西十一选五玩法