广西十一选五玩法
屆いた聲

本間雅恵

 「知らないことは怖い事」そう感じたことあるだろうか? 私には、それを実感したきっかけとなった忘れられない一つの言葉がある。

   「私たちは平和な時代に被害を受けたのです。賠償するのは當たり前のことです。當時化學兵器を製造していた人には賠償金を支払ったのに、被害者である私たちには賠償しない。私たちは人間ではないのでしょうか?」

  これは、私が高校生の時の先生に教えていただいた『ハルピンからの聲』というドキュメンタリーの中に登場していた言葉だ。これは、第二次世界大戦の時に日本が中國に殘してきた「遺棄兵器」による被害を受けた人たちに焦點を當てて作成されたものだ。終戦から今年で73年がたつ。それなのに今もなお當時の影響で被害を受けている人がいる、しかも日本は賠償金の支払いを拒否しているという事実は平和な環境で過ごしていた私にとって、あまりに衝撃的なことだった。しかし何よりショックだったのは、自分がこの出來事に関してあまりに何も知らないということだった。日本史の授業などで戦爭について扱うこともあった。しかし、知っていたのは日本がアメリカからの空襲や原爆によって大きな被害を受けたこと、老若男女問わずたくさんの人が亡くなったことだった。また、日本も中國をはじめとする対戦國に対し、殘虐な手段をとったということも知ってはいたが、抽象的かつ簡単な概要だけしか知らなかった。詳しく習ったのは日本が受けた被害史についてであり、具體的にどのように誰に対して何をしたのかなど加害者としての戦爭を私は何も知らなかった。ましてや、今もなお被害を生んでいることなど、想像もしていなかった。小さい時から慣れ親しみ、私にとっては家族も暮らしている國でありながら知らなかった自分に恥ずかしさを覚えた。

日本は世界的に見ても平和な國だといわれている。実際、戦爭もなく絶対的貧困といわれる狀況も起きていない。日本では、戦爭は過去のものであり、忘れてはいけない歴史として刻まれている。確かに歴史は忘れてはいないのかもしれない。しかし、今も苦しむ人たちがいることを忘れてしまっている、あるいは存在を無視してしまっているように感じる。自分たちのしてしまったことに目をつむり、平和だと思いながら過ごしている自分に嫌気がさした。それと同時に湧き上がってきたのは、このままではいけないという使命感に似た感情だった。

よく聞く言葉に「相手を知ることからすべてが始まる」というものがある。日本でよく聞く中國のイメージを考えてみると、マナーが悪い、うるさいなどの悪いイメージが多い。しかしそこに、私が実際に現地で感じたことを加えてみる。出會った人たちのことを想像してみる。日本の文化が大好きだといっていた女の子、子供を叱る親、孫思いの優しい年配の人、家族団らんの風景を見てほほ笑む店員。日本で見える景色と何ら変わらないことに気付く。こうして少し立場を変えるだけで簡単に見える世界が広がるのだ。戦爭についても同じことがいえると思う。あの大戦において一方的に被害を受けたわけではないことは想像がつく。日本が誰に対し、どんな理由で、何をしたのか。その歴史的事実を多角的に知る必要があるのだと思う。あのドキュメンタリーから聞こえてきた怒りの聲の底には深い悲しみや憤りが感じられた。私にはその聲は日本人がその事実を無視し、知ろうとしていないことに対しての嘆きの聲に聞こえた。

日本と中國の交友の歴史は長い。過去に起きてしまった歴史を変えることはできないが、過去の出來事が持つ意味を修正することはできるはずだ。屆いた聲を無視するのではなく、互いの心の聲に耳を傾け、聞こうとすること。相手を理解し、知ろうとすること。そしてそれらを共有し、彼らの悲しみの聲に対し誠意をもって答えていくことが必要なのだ。怒りの聲ではなく、親しみの聲がいつの日か響くように。

 

人民中國インターネット版

 

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850
广西十一选五玩法