广西十一选五玩法
習近平総書記「世界の宇宙開発事業の発展に引き続き努力」

 

 

習近平中共中央総書記(國家主席、中央軍事委員會主席)は20日午後、月探査計畫「嫦娥4號」ミッションの関係者代表と北京の人民大會堂で會見した。新華社が伝えた。

習総書記は「宇宙探査には永遠に終わりがない。中國の無數の科學技術関係者、宇宙開発関係者は月探査計畫の全體目標を達成するために勝利に乗じてさらに前進し、世界の宇宙開発事業の発展を後押しするために引き続き努力し、人類による宇宙の平和利用、人類運命共同體の構築推進のために中國の知恵、中國の案、中國の力をさらに多く提供する必要がある」と強調。

 

 

「偉大な事業はいずれもイノベーションに基づくことを事実は告げている。イノベーションは未來を決定する。世界的科學技術強國建設の道程は平坦なものではなく、イノベーションがあって初めて機先を制することが可能となる。今回のミッションは複數のイノベーションを実現し、世界と中國の一連の空白を埋め、獨自開発において果敢に先手を打ち、主導権を握って戦う精神を十分に體現した。われわれは世界の科學技術発展の大勢を深く把握し、科學精神を発揚し、戦略的、基礎的、最前線的分野に狙いを定め、『欠點を補う』『発展を追う』『先取りして布石する』を同時に推し進め続け、主要技術とコア技術における重要なブレイクスルーの実現に努力し、國のイノベーションシステムの全體的効果を高め、科學技術力とイノベーション能力を強化し続け、世界のハイテク分野で重要な一角を占めるべく努力する必要がある」とした。

 

 

また「広大な宇宙の探査は全人類共通の夢だ。中國航天は積極的に國際協力を推し進め、各國?國際組織と成果に富む協力を行ってきた。『嫦娥4號』ミッションの申し分のない成功には多くの參加國の貢獻もある。われわれは世界各國と共に、『共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う』方針を堅持し、基礎科學研究の國際交流を強化し、大型の科學計畫、科學プロジェクト、科學センターの建設を推進し、イノベーション能力のオープンな協力を拡大し、人類の科學事業の発展を後押ししたい」と指摘した。

「人民網日本語版」2019221

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850
广西十一选五玩法