广西十一选五玩法

「デジタル中國」の建設に著しい成果 スマートライフが一般家庭に浸透

2019-05-13 10:57:46

 

情報技術は日進月歩だ。インターネット普及率が上がり、電子政務があまねく効率の高いサービスを提供し、スマートライフが一般家庭に浸透している。「デジタル中國」の建設は中國の各業界の発展を促した。萬物がインターネットによって連結され、ネット上で各種手続きができるようになり、各業界の革新が促されているという良好な流れが形成しつつある。

電子政務、一般人の利便性を高める

ビッグデータ信用問い合わせシステム、オンライン電子稅務局、電子社會保険カード、ペーパーレス化通関プラットフォーム――この1年間で、多くの電子政務の応用例が発表された。

人々が電子政務改革により満足度を高めるためには、どうするべきだろうか。第1回デジタル中國建設サミット以降、使いやすく、安く使え、上手に使えることが、オンライン手続きの満足度を示す重要な基準になっている。

今年の政府活動報告は「オンライン審査批準及びサービスを推進し、全國一體型オンライン政務サービスプラットフォームの建設を急ぐ。オンライン統一手続き、本籍地以外での手続きの実現を加速する。顔を合わせず手続きできる範囲を広げ、現場に足を運ぶ必要がある場合も一つの窓口で受け付け、期限付きで手続きを終えるようにする」と明確に打ち出した。中央及び各級地方政府が電子政務改革の関連要求を著実に実行するにつれ、人々の充足感と満足度も高まる。

デジタル経済が急発展

ドローン宅配プラットフォーム、AI診療システム、無人スーパー、VRスマート教室――1年前の第1回デジタル中國建設成果展覧會において、スマートライフのさまざまなシーンが人々を魅了し、デジタル経済の輝きを放った。

中國科學院院士、北京理工大學副校長の梅宏氏は「デジタル経済は徐々に形をなしている。情報技術が経済発展をけん引する急成長期、黃金の時代を迎えようとしている」と述べた。

國家インターネット情報弁公室が第1回デジタル中國建設サミットで発表した「デジタル中國建設発展報告(2017年)」によると、2017年の中國のデジタル経済規模は前年比20.3%増の272000億元に達し、GDPに占める割合が32.9%にのぼった。

デジタル社會の建設、人々に恵みをもたらす

中國のインターネット通信事業は國民中心の発展思想を貫いている。多くの人々がインターネット発展の成果を共有し、確かな充足感を手にしている。

中國はこの1年に渡り、ビッグデータ、AI5Gなどの科學研究能力の強化を続けた。昨年12月現在の中國のネットユーザー數は82900萬人で、インターネット普及率は59.6%。

遠隔授業により山間部の児童が「デジタルの壁」を突破し、尋ね人サイトで行方不明の児童の帰宅を促す。オンライン教育により果物農家が豊作を手にし、インターネット政務により人々が足を運ぶ回數を減らす。スマートホームにより便利で快適な暮らしを伝え、「インターネット+」で革新と創業のブームを引き起こす。民生の改善、公共サービスの向上に力を入れ、高品質情報サービスで多くの人々に恵みをもたらす。人々は「デジタル中國」の建設の成果を共有し、より多くの充足感?幸福感?安心感を手にする。

「中國網日本語版(チャイナネット)」201957

関連文章
日中辭典:

广西十一选五玩法 重庆时时开龙虎和 新加坡褔临彩开奖结果 高压试验电源 广东一定牛快乐十分走势图解 燕赵风采最新开奖 排列三奇偶大小走势图 足彩预测 胜负彩专家 15选5今晚专家预测推荐 群英会赌场网址 七星彩够力奖表图