广西十一选五玩法

中韓が煙霧対策で協力か、PM2.5の共同研究を計畫

2019-04-11 13:26:50

 

中韓両國は大気汚染対策の協力で新たな一歩を踏み出した。中韓両國の科學研究者が極小粒子狀物質(PM2.5)の人體への有害性について共同研究を行う。韓國?聯合ニュースが9日、伝えた。

韓國教育部と韓國研究財団は同日、「PM2.5の健康影響バイオマーカー及びその運動の特徴に関する韓中の共同研究」など6つの研究プロジェクトを発表した。これは韓國の今年の「世界研究ネットワーク援助プロジェクト」の新たな課題に選ばれた。この援助プロジェクトの狙いは、韓國の科學研究チームの実力を強化し、海外の研究者との共同研究を促進し、協力ネットワークを構築することだ。同プロジェクトの年平均経費は8000萬ウォンで、研究期間は2?3年。

韓國の科學研究チームは中國の吉林省及び天津市の研究チームと210カ月の研究を行う。PM2.5による臨床?病理的資料を研究し、人體への有害な影響を體系的に究明する。韓國教育部は、この研究結果が今後のPM2.5対策の策定時に科學的根拠となる資料として活用可能だと期待している。

今回の中韓の共同研究の他にも、両國は大気汚染対策に関する動きを活発化させている。韓國環境部の趙明來長官は今年3月、中國側と大気品質予報技術について交流し、博覧會を開催し、ハイレベル煙霧対策調整メカニズムを構築することで一致したと発表した。趙氏によると、両國は大気品質予報情報に関する技術交流を行い、かつ11月までに北東アジア大気汚染物質長距離移動に関する報告書を共同発表するという。

また韓國外交部の高官も、3月の2019年活動計畫発表會において、中國側と煙霧予報や排出削減などの煙霧対策協力プランの共同実施を検討すると表明した。注意すべきは、元國連事務総長、「微細顆粒物問題を解決する社會機構」トップの潘基文氏が3日のインタビューで、北京の青空防衛戦の顕著な成果に感嘆を漏らし、「韓國政府は煙霧対策の取り組みを拡大し、大気品質を改善する必要がある」と述べたことだ。潘氏はまた、「韓國は中國や日本などの北東アジア諸國との二國間?多國間協力による煙霧対策枠組みを強化するべきだ」と提案した。

「中國網日本語版(チャイナネット)」2019410

関連文章
日中辭典:

广西十一选五玩法